デイトレードとは


米ドルが基軸通貨

wehrwe








世界中の経済の標準となるいわゆる基軸通貨は、米ドルです。そしてこの米ドルが、FXでもっとも取引きされている通貨です。この米ドルについて少し説明しましょう。

米国が世界でもトップの経済大国となったのは、2度の世界大戦が理由です。そしてそれ以降、米ドルが世界の基軸通貨をなりました。例えばもし私たちが、南アフリカランドを買うとしても、実は「日本円で米ドルを買って、その米ドルで南アフリカランドを買っている」ことはあまり知られていない事実です。世界中のあらゆるケースで、このような取引きが行われているのが基軸通貨であり、したがって取引高や流通量はダントツになります。

その米ドルが動くには、どのような理由があるのでしょうか。

米国政府は、あらゆる手段を使って為替を操作しています。それは直接的な為替介入だけではありません。1944年のブレトンウッズ会議、1971年のニクソンショック、1985年のプラザ合意などの有名な為替政策に加えて、2009年には米国の中央銀行の総裁が「米ドル安が望ましい」という発言で、2010年には米ドル安になりました。

このような発言のことを俗に口先介入とも言いますが、要人がある発言をすると、その方向に政策が動くと予想されることで、市場が反応します。また実際に市場に出回る資金量を増やす「量的金融緩和」といった政策が取られることが多くなります。これから量的金融緩和しますといった発言をすることはありませんが、多くの場合は、それを示唆する発言をします。そうすることで、その効果を強くしているのです。そういう意味では、米ドルの最大の変動要因は、要人発言といえるかもしれません。





最近のドル円

  • ドル円98.32円となっていますが、80円台から104円前後まで円安、それから98円前後へ推移しています。

  • 77円~80円台のときには輸出を行う企業にとっては物が売れなくなり、政府日銀の介入もありました。それで2011年10月、11月には、ドル円・クロス円が急騰しました。

  • それでもしばらくは円高で推移していたところ、ここまで円安にいたったのは何か要因があったでしょう。とくにアベノミクスと呼ばれていますが、安部首相が就任後に104円台まで高騰しています。
     

世界経済をコントロール

米ドルは基軸通貨であるが故に、米ドルをコントロールすることで、世界経済をコントロールできてしまうのです。それだけ注目されているので、要人発言に敏感に反応すると言っても良いかもしれません。

またそれ以外には、非農業部門雇用者数、中古住宅販売件数、消費者物価指数、ISM製造業景況指数などの、実体経済を表している経済指標の与える影響は大きいと言えます。

そしてもちろん他の国々と同じ様に、政策金利も大きく関係しています。米国の中央銀行にあたるFRBは、米国経済を安定させるために政策金利を調整しています。しかしこの点については、リーマン・ショック以降、米国の政策金利は0.25%付近で変わりません。従って、政策金利で経済をコントロールできる余裕はあまりせん。現在はユーロ圏の経済状態の影響をうけることの方が多くなっています。