デイトレードとは


肝心要の会社選びが取引を成功させる第一歩に

oiregwr








キャンペーン満載の24Option基本的な知識を身につけて気持ちの面でも準備万端!早速外為取引をスタートしようと思い立ったらまず最初に口座を開く会社を選ばなければなりません。国内を始め海外にも数多くの会社がFXを取り扱っています。お得なキャンペーン情報や誇大広告に踊らされて適当に会社選びをしてしまうと後々後悔してしまうこともありますので、まずは慎重に会社を選ぶところから始めましょう。

会社を選ぶ際に重要なポイントとなるのは会社の中身そのものだけではありません。まず自分のトレードスタイルをどうしたいのかという所を改めて考えてみましょう。投資スタイルは時間の軸によって大きく2種類に分かれます。長期トレードでスワップポイントによる利益を積み上げていくスタイルと、短期トレードで取引回数を多くし利益を重ねていくスタイルです。どちらの投資スタイルを主に取っていくのかを決めた上で会社選びを行うことが大切です。

特に短期トレードを好む場合、一日の間に行う取引回数も多くなります。選ぶ会社のシステムがスリッページしない堅牢なものであるか、約定力が強いかどうかといった点がポイントになります。何度も取引することになるので取引ごとにかかる手数料といった点もよく調べておいた方がいいですね。また、初期投資額についてもしっかりと把握しておく必要があります。自分のライフスタイルをベースに考え、投資に使える余剰金がどれくらいなのかしっかり管理しておきましょう。初心者ということを自覚し最初はできるだけ少額投資からスタートするのがお勧めです。

ちなみに投資金額の最低ラインは会社によって様々です。1万円程度の投資費用で取引ができるFX会社もありますので、まとまった資金がないからできないのでは?という心配はありません。自分自身のトレードスタイルと初期投資費用、最低でもこの2点を決めておけば会社選びもスムーズになるでしょう。長期トレードならスワップポイント、短期トレードならスプレッドに注目するなど、適した会社はどこなのか何を中心に見て決めれば良いのかがクリアになると思います。

当然のことですが、取引条件のみを見て会社を選ぶのはリスクがあります。その会社の運営状況や資本規模についてもしっかりと調べておきましょう。また信託保全や顧客の資産管理についても情報を集めておくべきです。実際利用するとなればサポート体制がどうなっているのかなども気になります。様々な視点から多角的に会社を見て判断してみてください。せっかく投資を始めるのであれば自分に合うベストパートナーを見つけたいですね。






最近のドル円

  • ドル円98.32円となっていますが、80円台から104円前後まで円安、それから98円前後へ推移しています。

  • 77円~80円台のときには輸出を行う企業にとっては物が売れなくなり、政府日銀の介入もありました。それで2011年10月、11月には、ドル円・クロス円が急騰しました。

  • それでもしばらくは円高で推移していたところ、ここまで円安にいたったのは何か要因があったでしょう。とくにアベノミクスと呼ばれていますが、安部首相が就任後に104円台まで高騰しています。
     

本質的な欠点

テクニカルチャートには、本質的な欠点があることは覚えておきましょう。それはチャートはすべて、過去のデータに過ぎないということです。それと同時に、同じデータであっても、見方はいろいろあります。つまりとても参考になる重要なデーターではあるのですが、過信は禁物だと言うことです。

そしてチャートは単独で使用するよりも、組み合わせて利用することで、より効果を発揮します。FXは基本的に、対象の為替レートが、この先に上がるのか、あるいは下がるのかを予測します。つまり単純に考えればその確率は50%なのです。そしてチャートを活用することによって、その確率が60%になり、組み合わせて活用することで70%、あるいは80%になれば、それだけ利益を得るチャンスは増えてくるのです。

ここで一見もっとも複雑に見える一目均衡表について、もう少しだけ説明します。実際に表を見ながらの方が分かりやすいのですが、一目均衡表は、転換線、基準線、雲、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2の6つの線が、ローソク足を囲んでいます

そして一目均衡表で買いシグナルとなるのは「転換線と基準線が上を向いていて、かつ転換線が基準線を抜いて、ローソク足が雲を抜いた時」となります。文字にすると分かりにくいですが、慣れてくれば、見えてくる様になります。