デイトレードとは


短期的な取引によって利益を稼ぐ

資産運用を利用している方の中でも、デイトレードを利用している方は非常に多くいます。なぜそれほど短期的な取引が人気になっているのかと言うと、リスクを抑えて多くの利益を稼ぐことが出来るようになるからなのです。

そもそも、大前提として知っておかなくてはいけない資産運用の手段の違いがあります。それは投資と投機の違いなのです。投資と言うのは、相手の国や企業などの経済成長を見込んでお金を出資する事を言うので、短期的な利益の獲得は目指しません。

反対に、投機と言うのは自身の短期的な利益のみを追求する事を言うのです。この場合、相手の国や企業などの利益は考えませんので、自身の持っている資金が大きくなると思ったときに出資をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

oiuwerwe






日本ではハイレバレッジへの規制が厳しくなりましたから、高いレバレッジをかけるためには、海外の業者に頼るしかないのが実状です。ですが、その際、スプレッド幅が広いのが悩みの種となっていました。しかし、年々激しくなる競争の中、海外の業者であっても、「IronFX」や「FXDD」のような「高いレバレッジ、かつ低いスプレッド」というメリットを前面に押し出す業者も多くなってきました。そんな業者の一つが、「Pepperstone」という新興の業者です。

オーストラリアハイローも在籍するオーストラリアの業者である「Pepperstone」は、オセアニア系通貨のスプレッド幅が狭いのが特徴となっています。AUD/JPY(1-2.2pips:HPの公表値)は、世界水準より低スプレッドの国内業者に比べても、狭い方だと言えます。もちろん、オセアニア系通貨のみではなく、他の通貨ペアのほとんどが低スプレッドで取引できますから、「Pepperstoneは、多くの方に満足していただける取引業者だ」と言えるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

oiugjwer









24optionはイギリスの247の持ち株会社が運営する世界的規模なバイナリーオプションプラットフォームです。日本ではバイナリーオプションを中心にサービスを提供しています。日本のみならず様々な国々に進出しており、英語を中心にイタリア語、フランス語、スペイン語、中国語、日本語などに対応をしています。また、アジア市場も鋭意開拓中です。特にアジア市場に非常に関心を抱いており、その中でも市場が未開拓な日本には非常に注目していますので、かなり豪華なボーナスを提供しています。

他の業者では、20~30%といったボーナスが多い中、24optionは50%や100%といった桁の違うボーナスを提供します。24optionでは数多くのバイナリーオプションで取引を行う事ができます。その一つとして、FXプライムやGMOクリック証券などでもお馴染みの、高いか安いかだけで判断する高/低(ハイロー)オプションがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー hgi8uwerwe










キプロス共和国にあるトレードラッシュというバイナリーオプション業者を知っていますか。海外バイナリーオプション業者が日本に次々と参入していますが、トレードラッシュはその中でも現在話題となっている業者です。トレードラッシュは最大配当還元率(ペイアウト倍率)が最大81%と高く、最低預託金や最低投資額も低く設定されているため、初心者にもおすすめの業者です。

トレードラッシュでは一般的な、上がるか下がるかを予想するバイナリーオプション以外にも、いくつかの種類があります。ワンタッチオプションは一度でも一定の価格に達するかどうかを予想するものです。シンプルさが特徴のバイナリーオプションの中では少し難しいですが、その代わり500%以上のハイリターンを得られることもあります。他にも自分で条件を設定できるオプションビルダーや、わずか60秒で結果が出るスピーディーな60セカンド取引などがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー oiuere










アイフォレックスがたくさんのトレーダーから支持されるのには大きな理由があります。まずスプレッドが業界でも最低水準といえるほどに狭く、最高400倍という高いレバレッジで運用が可能だというところです。これは少ない資金で高額のリターンを得る運用には最適の環境です。またスワップ狙いには南アフリカランドがおすすめです。変動は少し大きめですが、新興国としては屈指の高金利の通貨です。

またアイフォレックスはクレジットカードでの決済が早く、口座にはほぼリアルタイムで反映されます。手数料はアイフォレックス負担で無料、利用しているクレジットカードのポイントもつくので、とてもお得かつ便利な入金方法といえるでしょう。これで、突然の相場の上下にも対応しやすくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


では、デイトレードはどちらに該当するかと言うと、投機に該当するわけです。デイトレードは決して投資ではありません。これは、FXを考えれば理解しやすいです。長期的な期間で考えた投資をするのならば、金利差を活かしたスワップ取引を利用することが好ましくなります。

逆に、デイトレードで大きな利益を獲得するのならばレバレッジをなどを利用して持っている資金を膨らませば良いのです。デイトレードの魅力と言うのは、あくまでも短期で大きなお金を稼ぐことが出来るようになることなので、その手段を見誤ってはいけないわけです。

投資と言えば株式や通貨取引、不動産等を思い浮かべる方が多いですが、太陽光投資というジャンルがあり、簡単に言えば電力会社に電力を買い取ってもらって利益を得るものです。

太陽光投資が産まれた背景としては、日本国内のエネルギー国内自給率の低下も関係していて、国内自給率アップを目指し、再生可能エネルギー発電を普及させる働きがあります。

普及の為に2012年7月、特別措置法として投資用ならば20年間、一定価格で電力会社が再生可能エネルギー発電から生じた電力買い取りを義務付け、太陽光投資を行う方が増えているという流れがあるのです。

発電電力が10kW未満の住宅用は余った電力を買い取ってもらい、10kW以上は生じた電力を全て買い取ってもらう産業用であり、こちらの産業用が投資に繋がるものになります。

さらに50kW未満の低圧、50kWを超える高圧に区分されるのですが、高圧の場合は初期投資額が大きくて個人投資家が行うには難しい面があるでしょう。

いずれにしても安定収入に繋がりやすい投資であり、固定価格による買取制度は長期投資に向いていると言えますし、爆発的なリターンを狙うというよりも計画的で手間暇かけずに着実な利益を得られる点は優れたメリットがあります。

もちろん何事にもメリットだけではなく、デメリットがある事も理解して投資する必要があり、投資と言うのは元本割れリスクが常に付きまとうものです。

太陽光発電による投資のデメリットは維持コストが定期的に必要であったり、発電に関しては気温や天候に依存するという点があります。

発電量を高いレベルで保つには、パネルの定期的なメンテナンスは必須となり、管理会社に任せる場合の相場としては、設備投資の1%程度はメンテナンスに必要です。

当然ながら太陽光の力を利用して発電を行いますから、曇りや雨の日は発電量は急激に低下し、目安としては曇りの場合は50%から10%、雨の場合は5%から20%とされ、これは設置する環境によって影響が大きいものと言えます。

ですから太陽光投資は漠然と住んでいる地域に近い所に行えば良いというわけではなく、年間の日照量が多かったり、パネル設置個所が太陽光を受けやすい場所にあるか、設置環境は大きな影響を与えるものです。

太陽光投資では自然災害時の保証制度を確認したり、メンテナンスコストのチェック、設置する前に現地確認、日照環境、投資時の利回り等を総合的にチェックした上で行う事が必要になります。



最近のドル円

  • ドル円98.32円となっていますが、80円台から104円前後まで円安、それから98円前後へ推移しています。

  • 77円~80円台のときには輸出を行う企業にとっては物が売れなくなり、政府日銀の介入もありました。それで2011年10月、11月には、ドル円・クロス円が急騰しました。

  • それでもしばらくは円高で推移していたところ、ここまで円安にいたったのは何か要因があったでしょう。とくにアベノミクスと呼ばれていますが、安部首相が就任後に104円台まで高騰しています。
     

リスクを最小限に抑える

デイトレードの素晴らしいところはリスクを最小限に抑えること出来る点にあります。相場が大きく変動するようなもので取引をしていると、突然相場が大きく下落することがあります。24時間ずっと取引をすることができる資産運用も存在するので、常に相場を監視し続けることは出来ないわけです。

国内だけで行っている取引なら可能かもしれませんが、世界中で取引が行われているものならば尚更です。しかし、デイトレードだけに専念していれば、そもそも翌日に持ち越すものが何もないため、リスクそのものが発生しないのです。

例えば、普通に取引をしていればFXでは通貨を持ち越す可能性もありますし、株では株式を持ち越すことになります。こうした事をデイトレードで避けることによって、取引におけるリスクを抑えることができるようになるわけです。

デイトレーダーと言うのは、取引において効率良く利益を出している投機家ですので、短期で多くの利益を出したい人には最も向いているものだと言えます。投資と投機では目的が違うので、取引をすればデイトレードがいかに自身の利益に特化しているかがわかるのです。